FC2ブログ

== 宝石 ==

伊勢神宮と凱旋門

こんにちは
しいちゃんです。

台風が九州方面に向かっているようですが
近隣の皆様、ご用心下さいね。


さて、先日伊勢神宮で行われた「式年遷宮」
10月2日は外宮、5日は内宮で滞りなく神様がお引越しされました。


私が「式年遷宮」を前に、伊勢神宮に詣でたのは今年の春
この時はまだ人混みもさほどのことはなく
新緑のお伊勢様をゆったりと一日がかりでそぞろ歩きました。



式年遷宮 245




式年遷宮 246


その時に、ある知人から教えてもらっていた「神馬」(しんめ)に会いに行きました。
優駿のごときやさしい目をしたその知人は、伊勢神宮の神馬が大好きで
時々会いに行くということでしたが、いつでも会えるわけではありません。

内宮・外宮とも出口に向かう林の一隅に厩舎があり
厩舎にいない日もあるようなのです。

私が訪れた日は偶然、どちらにも会うことが出来ました。
皇室の御料牧場で飼育されたという神馬はとても神々しいお姿でした。


式年遷宮 037


私のお客様にも馬を愛してやまない方がたくさんいらっしゃいます。
今年の初夏に、イタリアからエリオ・ルスケーナが来た時に
馬をモチーフにしたジュエリーをいくつも持ってきてくれました。
数名のお客様が一目で気に入って下さり、お求め下さいました。




式年遷宮 304



式年遷宮 307




式年遷宮 297

エリオ・ルスケーナ リング(K18・赤銅・ダイヤ)



馬といえば・・・
一昨日のパリ「凱旋門賞」残念でした!
上のリングの馬の毛の感じ、黒と栗毛でしょうか?
オルフェ(栗色)とキズナ(黒)みたいに見えませんか?

オルフェーブルもキズナもお疲れ様でした
来年こそ夢を実現してほしいと思います。


しいちゃんでした

スポンサーサイト



┃ テーマ:ラグジュアリーコレクション ━ ジャンル:ファッション・ブランド

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:33:12 ━ Page top ━…‥・

== 宝石 ==

フランシス・ベーコンのピンク

こんにちは
しいちゃんです

初夏の或る日
愛知県豊田市で開催されていたフランシス・ベーコン展に行ってきました。
ベーコン展はずっと気になってはいましたが
自由な時間の少ない私にとって豊田までは強行軍であるとともに
家族は「閉所恐怖症のアナタにベーコンは重すぎるのでは?」と心配顔・・・


しかし、無理して観に行ってよかった!
ベーコンの絵を「破壊的」とか「狂気」いう人もいるけれど
私はむしろ「真実を受け入れる者の心の安定」というような感覚を覚え
「何か」から開放されたような気がしています。


その後、色々な著名人のベーコン評を読んでいて
『美術手帖』の編集長
岩渕 貞哉さんのお言葉
「人間という存在は、筆意、肉の塊でしかない。ベーコンの絵が突きつける
即物的な事実にこそ、人は安寧を見出すだろう。」を見つけ
僭越ながら、私が感じたのはこういうことだったのかな?と思っています。


またベーコンの「」にも非常に惹かれます。
特に、三幅対「人体の三習作」の背景のピンクが好きです。
このピンクは、インテリアデザイナーも経験しているベーコンが
特に好んで家具や壁に多用した、とキャプションに書かれていました。


パウダーピンクに少しラベンダーが混ざっているような色・・
何処かで見た馴染み深い色だと思いながらふと指を見ると
愛用のリング!
エリオ・ルスケーナ作の「カミキリムシとカブトムシ」の色に似ている




2013年夏 327





2013年夏 323





2013年夏 315





2013年夏 322


そういえばエリオ・ルスケーナのジュエリーには
似たような色が時々使われているのも心惹かれる理由かもしれません。
ぜひ、ジュエリーラ・ヴィータに見にいらして下さい。


しいちゃんでした

img011_20130917225218d34.jpg
┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 14:07:32 ━ Page top ━…‥・

== 宝石 ==

秋の入口

こんばんは
しいちゃんです


酷暑・晴天続きの後、待ちわびた雨は
一昨日からは怖いほどの土砂降りと雷雨

やっと雨が上がった昨日の夕方
帰宅した子供が「見てごらんよ、久々の虹・・」
大急ぎで玄関を出ると
私史の中でもかなり上位の大きなくっきりした虹


DSC_0081.jpg


この虹は高知市のかなり幅広い地域で見えたらしく
本日ご来店のお客様からも虹のお話がいろいろ・・・
太平洋に面した桂浜方面から高知市の西の端・朝倉方面まで目撃談が!
とにかく大きくて端から端までくっきりした虹でした


虹の消えた頃から気温が低くなり
とても秋めいて来たように思ったのは私だけでしょうか?
虹の向こうに、やっと秋の入口が見えた夕暮れでした。



虹にちなんで・・・
湖面に映る虹」黒蝶真珠ルースを御覧ください。


画像 508



さらに「虹の輪が宿る翡翠」もご紹介(↓)。
 


2011年4 002



どちらも見る人の心が魅入られてしまう美しさ
天然の色に拘る清美堂真珠ならではのお品です。



2つのルースはお客様が
中嶋邦夫先生にデザイン・制作を依頼されて
ステキなジュエリーになってそれぞれのお客様のもとに。
そして昨年は、初夏に名古屋マザック美術館開催の
「エマイユの煌き アールヌーヴォーの華」展にお貸し出しいただき
秋~冬は海を超え、ロシアの国立美術館(在モスクワ)主催の中嶋邦夫・個展
In The Garden」にそろって出品され美術館の図録にも掲載されました。
年を越してお客様のもとに約10ヶ月ぶりに戻ってきました。


幻との境目にしか見えないような幽玄の色を纏い
色々なところに旅をして、国内外の人々の酔いしれた眼差しの記憶を宿し・・
夢の様な物語を紡いでいる

「虹色」のジュエリーのお話でした。


しいちゃんでした
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:03:44 ━ Page top ━…‥・

== 宝石 ==

ジュエリー ラ・ヴィータ パールサロン

こんばんは
しいちゃんです

高知県では2日続けて気温40度を超えたんです!
昨日から「よさこい鳴子踊り」が始まっていますが
踊り子のみなさま、明日まで元気に乗り切ってくださいね


さて、先週発刊の高知新聞「ミリカ8月号」で紹介していただいた
ジュエリーラ・ヴィータの 『パールサロン』
ご覧頂きましたでしょうか?


Lavitaパールサロンは、
「高知にいても、銀座の真珠専門店のような高品質の商品を見られる真珠サロン」

をコンセプトに、これまで高知になかった真珠のショップをと
2002年にジュエリーショップの中に真珠の独立スペースとして作ったものです。




下八川・作家画像 129





P5021043.jpg





下八川・作家画像 118






下八川・作家画像 125





下八川・作家画像 116




パールサロンには
7,000円のケシピアスからお値打ちな商品を多数取り揃えております。


また希少なお品はたくさんありますが、Kashikey「コンクパール」など
ヨーロッパを始め海外にも多くの顧客を持ち
世界的な地位を築いている真珠をたくさん取り揃えて
一つの部屋すべて、高品質の真珠だけを展示しています。
もちろん「アコヤ真珠」もここにしかない選りすぐった品質・デザインです。




また、色々な雑誌でよく見かける清美堂真珠 「マベゴールデン」 
も展示しております。


下八川・作家画像
私が小学生の時から愛読していた雑誌「ミセス」誌面でもよく紹介されています。


サロンのなかで今、皆様に是非ご覧頂きたいのが
世界初の真円マベ真珠「マベゴールデン」リング(下)です。

MG_Ring_20101105201458.jpg
マベ真珠の真円珠しかもこのコパーブラウンの色調は
「今、世界で一番希少な真珠」と言えます。


「Lavita パールサロン」では
1.真珠のコーディネート方法
2.真珠、TPOのマナー
3.真珠のお手入れ方法、糸替え
4.真珠のリフォーム

なども何時でもご相談を承っております。
お気軽にご覧頂き、お楽しみくださいませ。


真珠大好きしいちゃんでした


┃ テーマ:おしゃれ最新情報 ━ ジャンル:ファッション・ブランド

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:40:37 ━ Page top ━…‥・

== 宝石 ==

秘密の花園

お久しぶりです、しいちゃんです

余りにも忙しくなり
私だけ約2年ほどブログを休んでいましたが
又こうして参加することになりましたので
何卒よろしくお願い致します。


さて、先月の「バンコク色石ツアー」のとき
たくさんの素敵なフェアリーに再会して来ましたので
ご報告いたします。



まず一番目は・・・
ベンジャロン焼きの工房の入り口で
毎回私達を出迎えてくれる癒しのオーラに溢れるこのワンコ


バンコク色石2013 004


以前、同行のお客様が
道中の車酔いで到着時しばらくご気分が優れず
外のベンチで風にあたっていらっしゃったのですが
この子はその方の傍に行き、約1時間半ずーっと離れず
膝に頭をそっと触れて見守ってくれていたのです!




二番目は・・
マンダリン・オリエンタル・バンコクのレストラン「サラリムナム」で
スパに通じる回廊の真ん中にある、夢のように美しい蓮池の「主」


2011年10月秋のタイツアー 007

一昨年行った時に
カメラのシャッターを押してくださったホテルの警備スタッフのおじ様が
「My friend!」と池の中央を指さしました
すると彼の友人はスーッと泳いでわたしのそばに来て
蓮の葉の上で軽く会釈し水の中に潜っていきました



2011年10月秋のタイツアー 358



この時の素敵な体験は、思い出すたび私を幸福な気持 にしてくれました


そしてその後
エリオ・ルスケーナのこのイヤリングに出会った時
あの時と同じあたたかくてひとりでに笑顔になるような何かが
わたしの心に蘇って来ました。

2012040713582224f[1]



店の中では
このイヤリングは、やはり池にディすプレイするべきだろう、と
こんな感じで皆様に見ていただけるようにシました。


DPP_017.jpg





そして
三番目のフェアリー
やはりマンダリン・オリエンタルホテルのロビーで


2012年5月タイ旅行 908

あのラグジュアリーな空間のたくさんのテーブルの上には
こうして小さな花鉢がたくさん置かれているのですが
この中にフェアリーがいっぱいかくれているのがわかりますか?


大きな画像で見つけて下さい。
可愛い双葉の妖精たち


2012年5月タイ旅行 906



2012年5月タイ旅行 907


この花を活けた方はきっと
この花を水につけているとそのうちフェアリーたちが現れるのを
よーく知っているのでしょうね


まだまだたくさんのフェアリーを見つけましたが
この続きは、次回ご報告いたします

ではまた

しいちゃんでした


┃ テーマ:宝石・天然石・パワーストーン ━ ジャンル:ファッション・ブランド

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:59:38 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old