FC2ブログ

== 気になる人 ==

倉谷うらら さん

しいちゃんです

寒さの中にもほのかに春の気配がする

今日このごろ

休日には海にもいきたいな~

と思っていたところ

先日、すごい魅惑的な方を発見しました

その方はフジツボ研究家の 倉谷うらら さん

フジツボとジュエリーとは

一見関係ないようでいて実は

意外と身近なのでは?という気がしました



宝飾品のデザインは

海山問わず自然界の造形に

どこかで影響されているんです



特に最近人気のボタニカルジュエリーは

まさに自然の造形をジュエリーで表現した

アートに近い作品がたくさんあります

アンティークジュエリーにも多いですよね



NHKの番組で「熱中人」として紹介されていたうららさん

水槽でフジツボを飼育していました

またフジツボの貝殻で、それは素敵なアクセサリーを手作りし

アップの髪に留めてお出かけしていました

またある日は

帯留めにする貝殻を探しに遠い北国の海を旅していました

木の葉のように小さな漁船に揺られるお姿は

まるで「安寿と厨子王」の安寿姫のようでした

岩波書店から著作も出しています

「フジツボ-魅惑の足招き」というタイトルです


※「魅惑」・・・妖しい魅力で人の心をひきつけて、理性を失わせること

<豆知識>似たような言葉
※「魅力」・・・それに接する人の気持ちを強く捉え、ついに虜にさせるような素晴らしさ
※「蠱惑(こわく)」・・・(神秘的な美しさなどで)人の心を引き付け、自制心を失わせること


テレビを見ていたら、以前わたしも
海で拾った貝殻と淡水パールでリゾート用のアクセサリーを作ったことを思い出しました
貝殻を夏場、窓辺や花瓶の周りにに飾ったりしています

画像 214


画像 213


画像 211


画像 212




うららさんがなぜフジツボに惹かれたのか解る気がしました


勝手な解釈ですが

表に見えている顔(色)と、見えていない顔(色)

片方だけでも十分素敵であっても

もうひとつが垣間見えた瞬間

それぞれの顔(色)が一層魅惑的に思えてくる・・・



そして

宝石にも同じ魅力があります


しいちゃんでした
(今日は大好きな紫を多用してしまいました)
スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:27:53 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old